病床を減らしていた

第2回緊急事態宣言明けに大阪では、
重症病床を減らしていたことが分かりました。
過去に病院を潰し、衛生研究所を潰し、
看護学校を潰した事については言及してきました。
こんな維新の会であっても、
コロナ渦で病床を減らすとは思っていませんでした。
今回に関しては、病床自体を潰したわけではありませんが、
確実に判断ミスです。
全ての判断を正しく行うことはできないので、
1つ1つのミスを責めるのもよくないでしょう。
ですが、今回の判断に関していえば、
根っこに緊縮財政があります。
また、大阪市廃止特別区設置住民投票などのくだらないものに、
人員を割いたりした結果、
コロナ対応も遅れる始末です。
今回の判断自体が、
そもそも下さなくてもいい判断だったのです。
緊縮財政の下では、
何をやってもうまくいきません。
大阪府民はいい加減、
維新の会を支持するのをやめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする