大阪でのコロナが増え続ける理由

大阪府の陽性者は日本で一番多い状態が続いています。
最も人口の多い東京よりも陽性者の多い大阪。
なぜこうなったか疑問に思う人も多いでしょう。
ですが、これは当然の結果です。

維新の会はコスト削減を旗印に公衆衛生研究所を潰し、
保健所の職員を削減しました。
保健所の削減は維新の会だけでなく、
他の地域でも行われている流れではあります。
しかし、その政策を急進的に進めたのが維新です。
保健所の人手が足りないため、感染ルートなどを特定できず、
今の様な蔓延を許しているのです。

大阪府での感染爆発は今回だけではありません。
何度も何度も起きています。
維新の会が病院を潰したせいで、
医療崩壊も起きかけました。
維新の会は自分の罪を自覚すべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする