韓国人は約束を守らない

韓国の裁判所は慰安婦問題で、
日本政府に賠償を求めました。
政府は主権免除の原則を踏まえ、
心理には一度も参加していません。
元からそうでしたが、
日韓合意は反故せれる形となりました。
今回の政府の対応に関しては、
なにも言及しませんが、
そもそも、韓国などと
合意を結んだことが問題なのです。
韓国人は約束を守りません。
「韓国人にも約束を守る人はいる」
と反論する人が湧いてきますが、
一部の例外を持ちだす反論は、
反論として成立しません。
元々、韓国語に約束という意味を持つ言葉はありませんでした。
それが、日本が統治を行うことで、
約束を意味する言葉が生まれました。
日本統治以前の朝鮮半島には、
約束という概念が無かったのです。
朝鮮半島には約束を守る土壌が無いのです。

また、韓国人の多くは反日です。
一部、新日の人間もいるかもしれませんが、
そういった人は迫害を受けます。
そういった新日的な人を守る意味でも、
韓国とは断交も視野に入れ、
国交については見直す必要があります。

今回の件だけでなく、
日本は韓国から散々な思いをさせられています。
いい韓国人もいると叫ぶ人もいますが、
そういう人を守る意味でも、
韓国政府、韓国人に対して、
怒りをぶつける必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする